2016年09月18日

全日本障害馬術大会2016part2 アブソリュート 中障害D決勝に進出!


→大会1日目、2日目のブログはこちらから

9月17日(土) 大会3日目

朝から天候に恵まれた全日本障害馬術大会の予選競技2日目は第4競技中障害D(標準)に出場します57

PIC_0295

アブソリュートの競走馬時代からのファンの方も応援に駆けつけてくれました178

そんな中スタート直後にアクシデント425 競技の実況放送の方が「アブリュート」が読めず・・・303結果「アブリュート」と言われてしまい304

→ユーストリーム録画ビデオページ(10:00頃)

そのせいではないですが、序盤の簡単な2番障害で早くもバーを落下させてしまい減点4300

PIC_0310

その後はスピードに乗せつつコースをショートカットしながら攻めの走行3669

PIC_0302

走行タイムは出場71頭中3番時計114でしたが、バーの落下による減点4のため27位465

その結果、予選での入賞は逃しましたが、大会2日目と3日目の合計順位が72頭中21位となり上位60%に入ることができたので最終日の決勝競技進出となりました132

PIC_0305

ちょっと顔がお疲れ気味のアブソリュートですが何とかもう1日がんばってもらいたいです108

 

9月18日(日) 大会最終日

朝から雨がぱらつくあいにくの天気332 そして競技の直前にはザーザー降りに333

PIC_0316

大会最終日の決勝競技は第1走行で減点0の人馬が第2走行目に進み優勝を決めるルールです132

まずは第1走行で減点0を目指しスタート57

PIC_0317

が・・・序盤でリズムを崩し1落下・・・61

1474198253630

その後はスピードに乗り、障害を飛越していきましたが第2走行に進むことができず68

1474198250843

決勝競技は44頭中24位という結果でした232

1474198256346

4日間かけて開催された全日本障害馬術大会452

アブソリュートにとって初めての大きな馬術大会でしたが、3分の2以上が外国で生まれた乗用馬という中で、内国産サラブレッドのスピードとJRA重賞馬のキレを見せることはできたと思います198

大会1日目2日目のブログへ

競技結果へ

footer_btn_yt

footer_btn_fb