2018年07月13日

夏時間スタート!真夏の戦い【30年度 第3回 騎乗試験】


木曜日から始まった夏時間313190[1]

日中の暑い時間帯を避けて、涼しい早朝に騎乗&厩舎作業を行います21

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、今日は3回目の騎乗試験321

進路、学年、経験に応じて馬場馬術、障害飛越トーナメントに分かれての試験となります54

まずは馬場馬術のA2課目からスタート57

IMG_5101

この試験には、先日の「国民体育大会関東ブロック大会」に千葉県代表選手として参加した高校課程2年生の村尾くん91427[1]

IMG_5108

来月の「全日本ジュニア馬場馬術大会」に出場する高校課程2年生の佐藤さん22

IMG_5145

先日の親睦馬術大会で今回のA2課目より難易度の高いA3課目で優勝した最上級生の細野さんなどが出場37

IMG_5126

この激戦のA2課目を征したのは、A2課目では学校外の馬術競技会でも抜群の安定感を誇るボレロ号に騎乗した細野さんが優勝452

IMG_5133

村尾くん、佐藤さんも、難しい騎乗馬をうまく乗りこなしましたが、細野さんの最上級生のプライドが勝りました51

 

朝ごはん休憩96をはさんで、次は障害トーナメント29

今回は同じ馬に予選、準決勝は3人、決勝では2人が乗り、8つの障害で走行タイムが早く、減点が少ない方が次へ進むというトーナメント方式59

出番と騎乗馬は厳正なる抽選で決定57予選での敗者は今回のブログに写真を載せません67

予選は60㎝障害から229

予選1組 井桁くん(1年生)vs春田さん(2年生)vs本間さん(2年生)乗馬はスピーディシャープ16

IMG_5242

勝ち上がったのは、春田さん59唯一の減点0&1番時計で準決勝進出です39387[1]

予選2組 河谷くん(2年生)vs福本くん(3年生)vs白石くん(3年生)乗馬はゼンノチェルトナム18

IMG_5246

先輩男子同士の負けられない戦いを制したのは、3年生の福本くん886

予選3組 坂本くん(2年生)vs小林くん(1年生)vs白石くん(1年生)乗馬はピュアブロッサム15

IMG_5293

1年生2人が好タイムで減点0で並び、タイムの速かった白石くんが準決勝へ59

予選4組 菅原くん(1年生)vs中川くん(2年生)vs高倉くん(1年生)乗馬はエスティタイム16

IMG_5299

勝ち上がったのは、いつもはマツコに乗っている高倉くん49

予選の結果、各組1位の4名+予選上位2名が準決勝に進出59 準決勝は10cmアップの70cm障害で勝負します59

準決勝1組 小林くん(1年生)vs春田さん(2年生)vs福本くん(3年生)乗馬はストロングロビン15

IMG_5328

3人が減点4で並んだ結果、勝負をかけて、攻めの走行をした春田さんが決勝進出286783[1]

準決勝2組 菅原くん(1年生)vs白石くん(1年生)vs高倉くん(2年生)乗馬はノーバディリーチ18

IMG_5338

1番手の菅原くんが暴走気味に障害を逃避したことから始まり、3人全員が失権3195327

残障害の差で白石くんが決勝に進出しました3

決勝はさらに障害の高さが上がり80cm障害で優勝者を決定します452

春田さん(2年生)vs白石くん(1年生)乗馬はトーセンディケム15

IMG_5358

2人ともスピードに乗せ、ショートカットを駆使し、優勝を狙った結果・・・

減点、タイムともに上回った春田さんが優勝しました453

 

そして最終試験は、1年生によるA1課目馬場馬術競技22

前回の部班運動の騎乗試験終了後から約1ヵ月半かけてしっかりと練習を重ねてきました48

IMG_5384

前回の部班運動は、数頭で号令によって運動を行いましたが、今回は1頭で決められた運動内容を順番通りに正確に行うことが求められます21

この試験で最も素晴らしい演技を披露し、優勝したのは、高校課程の浜田さん&タカラスター264898

IMG_5468

惜しくも2位と、優勝には1歩届かなかったものの、積極的な騎乗をした橋場くん264899

IMG_5406

丁寧な騎乗が好印象だった吉田さんが3位となりました264900

IMG_5440

他の1年生たちも、練習の成果を発揮し頑張りました49

IMG_5548

IMG_5580

IMG_5618

IMG_5487

IMG_5413

IMG_5524

今年度3回目の騎乗試験を終え、これから暑くて忙しい夏休み期間、夏期体験合宿期間が始まります232566

そして、JRA競馬学校騎手課程1次試験、全日本ジュニア馬場馬術大会と勝負の時がやってきます887

暑さに負けず、一人ひとりが目標に向かって、技術向上、メンタル強化に努めていきましょう75464