2019年04月27日

白毛と引退競走馬で「全日本ジュニア馬場馬術大会」出場権利獲得に挑戦!


今年度初馬術競技会は「壬生ドレッサージュカップⅡ」

前回、3月の大会に続いて、壬生乗馬クラブでの馬場馬術競技会に出場です57

→3月の競技会の結果はこちらから

今回からは、いよいよ2年生の井桁くんが「全日本ジュニア馬場馬術大会」出場権利獲得のための競技324

※出場権利について

【第 36 回全日本ジュニア馬場馬術大会 2019 実施要項より抜粋】

キャプチャ

出場権利獲得を目指し「ハクバノイデンシ」「キングアスリート」の2頭で出場します52

P4278997

P4278999

1頭目は、白毛のサラブレッド「ハクバノイデンシ」17

前回の競技会では、非公認種目ながら、60%を超える高い得点率を獲得したコンビ886

そして、イデンシにとっては、2年連続での全日本ジュニア出場を目指します8879

→全日本ジュニア馬場馬術大会2018

安定した演技で、前回の非公認種目での得点率に迫る59.200%を獲得49

P4278998

入賞ラインギリギリの6位入賞と結果を残しました51

 

2頭目は、5歳の引退競走馬「キングアスリート」15

5歳馬ながら昨年から競技会に出場し、経験を積んできました897

今回は馬にとっても初めての公認種目出場219953[1]

P4279007

未知数のコンビで挑みましたが、落ち着いた演技を披露し、権利獲得基準の55%を超える得点率を獲得49

これで2頭とも、全日本出場条件の1回目を達成51

次回の競技会で55%以上の得点率を獲得できれば、全日本ジュニア馬場馬術大会出場が決定します321

 →競技会結果へ

そして、今回の競技会遠征では大変なアクシデントが・・・

高速道路上でクラッチ盤の故障で馬運車がストップする緊急事態783

早朝のアクシデントで、出場も危ぶまれましたが、多くの方々に助けられ、無事に出場、全日本ジュニア馬場馬術大会の権利獲得に近づくことができました22

お世話になった方々に深く御礼申し上げます251491[1]